月山の姥ヶ岳はリフトコースならリフトから下りて30分で山頂まで行ける

姥ヶ岳 山形県

東北の「出羽三山」って聞いたことはありますか?

羽黒山、月山、湯殿山の3つの山のことで、この三山を巡る巡礼の旅は「生まれ変わりの旅」と言われてきました。

羽黒山は現世の幸せを祈る現在の山、月山は先祖の霊が鎮まる過去の山、湯殿山はお湯が湧き出る巨大な岩が命の誕生を表す未来の山と言われています。

今回私たち家族が行って来たのは、出羽三山の1つの月山に連なる「姥ヶ岳」という山です。

姥ケ岳は標高1670mありますが、途中リフトが利用できるので、子連れでも山頂まで登ることができます。

山頂までの景色や、感想についてお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

<その他の山形県のお出かけレポートはこちら>
山形県のお出かけレポート山寺や姥ヶ岳さくらんぼ狩りや関山大滝も

【この記事は2020年10月の時点でのレポートです】

姥ヶ岳の駐車場

私たちは10月の初めに行きました。

紅葉シーズンでもあるので、うちのパパは駐車場がいっぱいになるからと、出発時間を早めに設定してくれました。

でも子連れだし、予定通りの時間にはなかなか出発できないんですよね、これが…。笑

いつものように、予定していた時間を過ぎて、やっと出発。

姥ヶ岳へは、車を姥沢駐車場に駐車して行きます。

向かう途中の道路は、大型バスくらいしか見かけなかったので、「これならとめられるかも」とパパも期待。

駐車場に着いてみると、残り15台くらいかな?あいていて、すぐにとめることができました。

姥沢駐車場の台数は340台です。

駐車場にとめるときには、駐車料金はかかりませんが、後からもう少し先の登山口で「月山環境美化協力金」を大人1人200円お支払いしました。

一応、遠くに駐車場が写っているんですが、駐車場の雰囲気分かります?

駐車場に着くと、登山の格好をした人たちがたくさんいました。

旦那さんは登山が趣味の1つなので、私たちもパパにならって、必要な服装や持ち物を用意して出発です。

駐車場のところには公衆トイレがあって、更衣室もついていました。

月山環境美化協力金をお支払い

駐車場から、山の方へ向かって早速出発しましょう!

看板に地図がのっていました。

地図に書いてある「姥沢小屋」の前のところに「月山環境美化協力金」をお支払いする場所があります。

大人1人200円でした。

リフトコースで行く

姥ヶ岳へは、お手軽な「リフトコース」と、姥沢小屋跡の近くから登る「姥沢小屋跡コース」があります。

私たちはリフトコースですが、姥沢小屋跡コースで横道の登山道に入って行く人たちも見かけました。

そちらのコースだと、片道2時間50分かかります。

私たちが行くリフトコースだと、月山ペアリフト上駅から、歩いて30分で姥ヶ岳の山頂に到着できます。

では月山ペアリフト下駅に向かいましょう。

上の方に、月山ペアリフト下駅が見えます。

月山ペアリフト下駅には「月山フラワー情報」の看板がありました。

高山植物もたくさん見られるのですね。

ペアリフト乗車券は往復で大人1人1100円、子供は1人700円でした。

姥ヶ岳リフト券

リフトに乗る

ペアリフトなので、リフトには2人ずつ乗ります。

下の子は最初ちょっと怖がっていたけど、思ったより全然高くないことが分かって、安心したみたいでした。

「ここならジャンプして下りられそう!」なんて言ってましたね。

紅葉していてきれいです!

もう少しで月山ペアリフト上駅に着きます。

スポンサーリンク

着きました!

「令和の鐘」を発見!

みんなで順番に鳴らしてみました♪

この近くに建物があって、中には神社のように神様がまつられていて、食堂として使われていた建物がありました。

そこのテーブルと椅子をお借りして、ちょっとしたおにぎりやパンを食べました。

さあ、食べ終わったら、姥ヶ岳の頂上目指して出発です!

姥ヶ岳山頂を目指して歩く

ここからは歩いて山頂を目指します。

30分のコースになります。

少し歩いて行くと、下の方に月山ペアリフト上駅が見えますね。

途中からは、木の歩道になりました。

歩きやすいです。

雲がすごいですね!

うちの子は「雲の食べ放題だー!」と喜んでいました。笑

よそのお子さんも、お父さんに「これは霧じゃなくて雲なの!?」と聞いていましたね。

子どもたちにとっては、自分が雲の中にいるって、不思議な体験ですよね。

自然のすごさを感じてくれたかな?

景色がいいです!

雲が晴れていれば、もっと眺めはいいのでしょうけど、これはこれですごい景色です。

子どもたちが面白がっていた、なぞのポツンと水たまり。

姥ヶ岳山頂に到着しました!

近くでは、バーナーで火を焚いて、コーヒータイムを楽しんでいる人もいましたね。

かわいい高山植物も見つけました。

あっという間に下山

頂上をパパはじっくり堪能したい様子でしたが、子どもたちが「早く下に行こうよ!」とせかすので、記念写真を撮っただけで、あっという間に帰り道です。笑

またリフトに乗ります。

月山ペアリフト下駅に到着。

木々がきれいに紅葉していて、秋の自然を十分に楽しめました~♪

まとめ

紅葉シーズンでもこのくらいの混み具合で済んでいるのは、やっぱりコロナの影響もあるのかなぁなんて、旦那さんとは話していました。

おかげさまで、自分たちのペースで楽しむことができましたね。

子どもたちは、どんどん山頂に向かって駆け上がって行って、元気いっぱいでした。

リフトコースはリフトの後、30分くらいの登山で山頂に着くことができるので、おすすめです。

でも短時間だからと言っても、登山であることには違いないので、天気が急変したり、気温が思ったよりも低いということもあります。

適した服装や必要な物をしっかり用意してお出かけしてくださいね!

<関連記事>
姥ヶ岳の帰りに関山大滝に寄りました♪
関山大滝は落差10m幅広の美しい滝、滝壺の近くまで行けて魚も見える

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
山形県
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました