白石城へ駐車場から子供と歩いて散策、売店や食事についても

白石城 白石市

宮城県白石市にある「白石城」に、家族で初めて行って来ました。

小学生の子どもたちは、お城を見学すること自体、初めてです。

時代劇気分で、とっても面白かったですよ。

すぐ近くには、子連れには嬉しい公園もありました!

行って来た感想や、周辺の様子について、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

<その他の白石市のお出かけレポートはこちら>
白石市のお出かけレポート白石城で歴史に触れる温水プールも

【この記事は2020年1月の時点でのレポートです】

白石城について

宮城県の白石市にある「白石城」は、もともと白石市の益岡公園の場所にあった、「平山城」のことです。

関ヶ原の戦いの後、明治維新までの260年あまりの間、伊達家に仕えた、武士の一族、片倉氏が拠点として住んでいたお城でした。

伊達政宗は青葉城、仕えていた片倉氏は白石城をおさめていたんですね。

でもこの「平山城」は、明治7年に解体されました。

その後、伊達政宗の片腕として有名な、片倉小十郎景綱の偉業をしのんで、平成7年に復元!

三階櫓の天守閣と、大手一ノ門・大手二ノ門というところが、忠実に復元されました。

場所】

白石城・歴史探訪ミュージアム

〒989-0251

宮城県白石市益岡町1-16(益岡公園内)

アクセス】

東北新幹線・白石蔵王駅から車で5分

東北本線・白石駅から徒歩10分

東北自動車道・白石ICから車で10分

白石城の駐車場は?

私たちは家族で車で行きました。

行ったら、駐車場の案内表示が出ていたので、その案内に従って進んで行きました。

でも途中、ちょっとだけ「ん?駐車場どこだ?」となりましたが、わりとすぐにたどり着けました。

白石城専用の駐車場というのはありません。

無料の駐車場なら、「城下広場駐車場」や「益岡公園駐車場」というところが利用できます。

私たちは、案内表示に従って、「城下広場駐車場」にとめました。

「城下広場駐車場」は、白石市健康センター隣りで、老人保健施設清風の建物の前です。

土日、祝日は、白石市役所の駐車場も使えるそうです。

「城下広場駐車場」にはトイレもあるので、子連れにはありがたいですね。

私たちも子どもたちと一緒なので、トイレもお借りしました^^

これで安心!

駐車場からは歩き

駐車場から歩いて行くと、川が見えてきます。

城の周りはやっぱり、川とかで囲まれているんだなぁと思いました。

その川に、海藻みたいに長い藻がゆらめいていて、子どもたちはなぜか大盛り上がりでした!笑

ほんと、きれいな藻でしたよ。

調べてみたら、この藻は「梅花藻」っていうみたいです。

清流にしか育たない藻で、初夏の頃には、梅の花のような小さくて可憐な、白い花を咲かせるそうです。

花が咲くと、こんな感じだそうですよ!

梅花藻

ほんと、梅の花みたいでかわいいですね!

川の横を進んでいくと、看板が見えてきます。

この坂を上がって、この看板の横を歩いて通り過ぎて進んで行きます。

下は、さっきお伝えした、きれいな梅花藻が生えている、川が流れています。

お城が見えてきました!

白石城周辺マップはこんな感じです。

私たちは行かなかったですが、武家屋敷も見学できるみたいです。

自動券売機でチケットを買って、中に入りま~す。

白石城チケット

白石城の中へ

雰囲気があって、とってもかっこいいですね!

この門をくぐって、入ります。

石垣と白壁の感じが、かっこいいです!

お城の建物の中に、入ってみましょう!

城の1階

鎧が飾ってあります。

稚児鎧みたいな感じに書いてあって、手前は子供用の小さい鎧でした。

うちの子どもたちも、「子どももこれ着るの?」と驚いてましたね。

この時代は子供も、鎧を着ることがあったんですね。

そういう家の血筋に生まれた子どもだとはいえ、すごい時代ですね。

弓矢とか鉄砲で攻撃するための、小窓の狭間です。

子どもたちは、ここで腹ばいになって「バンバン!」と、戦の真似をしてました。

スポンサーリンク

石落としもあります。

石垣をのぼってきた敵を、石で撃退するんですね。

想像すると、すごい世界ですね。

敵とはいえ、登ってきた人間に石を落とすんですからね。

子どもたちも、じーっと石垣を見つめて、イメージしていたようです。

時代劇では見たことあるけど、実際のを見ると、「おー!すごーい!!」って思いましたね。

この石垣を登って来るのもすごいし、石を落とされるのもすごいことですよね。

今の日本では、こうやって実際に、お城を見る機会でもないと、戦の時代をなかなか現実としては考えられないですね。

子どもたちにとっても、良い経験になりました。

城の2階へ

2階へも上がれます。

屋根瓦です。

城の3階へ

1番上の3階に上がりました。

ここが子どもたち、高くて怖かったようです。

扉がオープンで、風が吹き抜けていて、高さに怖がってました。

大人は眺めが良くて、気持ちよかったですけどね。

うちの子どもたちは、四つん這いでおそるおそるでした。笑

すごく小さいお子さんを連れている方は、目をはなさないように気をつけないと、危ないですね。

小さい子は隙間から落っこちそうです。

少し慣れてくると、子どもたちも、手をつないでいれば平気になりました。

でも、そんなに怖がらなくても…。

階段が急なので、おりるときも、おそるおそるの子どもたちでした。

はー!楽しかった♪

次は外に出て、益岡公園の中を探検しまーす!

益岡公園を散策

外もいろいろゆっくりと歩きながら見たかったんですけど、お城の上から、すぐ横にある公園が見えたんですよ。

子どもたちはもう、「公園行きたい!早くー!!」と、あっという間に走って行ってしまいました。

子どもたちは、一気に大盛り上がりです!

さっきまで、お城の高さと急な階段に、怖がってたのに。笑

おうちの形のスイングとか、シーソーとかもあって、子どもたちは大喜びでした!

ブランコが、やたらといっぱいある!笑

外で遊べる場所があるのは、子連れには嬉しいポイントですね^^

パパも久しぶりに、ブランコに乗ってました。

城に来て、まさか公園で遊べるとは!

子供が初めて見た井戸

↑ 白石城の建物の中に入ったときに、入口で子どもたちは、こちらをいただきました。

これを頭にかぶって、見学してました。

そして、これを置いているのは、復元された井戸です。

初めて井戸を見た下の子が、来た時にも熱心に井戸をのぞいてましたが、帰りもずっとのぞいていました。

中に水がちゃんと見えます。

なぜか、井戸がかなり印象的だったようですね。

私が小さい頃は、おばあちゃんの家の裏に、既にふたがしてあって使われなくなっていましたけど、井戸があったなぁと思い出しました。

白石城の売店や食事

すぐ近くに売店があります。

お食事もできるところでした。

私たちは、ここでおみやげを買いました。

というか、子どもたちに半分押し切られて、おもちゃを買わされました。笑

上の子は、300円のおもちゃの刀

下の子は、白石城にはまったく関係のない犬のぬいぐるみ…。

そしてパパは、子どもたちに便乗して、ずんだのタオルハンカチ。笑

駐車場から白石城まで歩いてくるときに、白石うーめんが食べられるお店があったので、そこでお昼を食べました。

白石うーめんは、短い麺が特徴です。

とっても美味しかったです!

美味しくて、一人前じゃみんなちょっと足りないくらいだったみたいです^^

まとめ

白石城に行った感想などを、お伝えしました。

滞在時間としては、そんなに長くはないですが、私的には、とても満足でした!

子どもたちも、初めてお城を実際に見て、当時の時代背景などを、いろいろ感じたではないかと思います。

行ったのは冬でしたが暖かい日でしたし、公園でみんなで遊べたのも良かったですね。

白石うーめんも、美味しかったです。

桜の季節がまた見事なようなので、是非また別の季節にも行ってみたいと思います!

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
白石市
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました