蔵王の御釜で見事な晴天、刈田嶺神社(奥宮)参拝と高山植物も

御釜 蔵王町

蔵王の御釜に、家族で行って来ました。

御釜は旦那さんと結婚前にも2人で行ったし、上の子がまだ赤ちゃんの時にも行ったし、思い出のある場所です。

今回は下の子も一緒に、家族4人での御釜です。

子どもたちは楽しんでくれるかな?

子どもたちの様子や感想、御釜のきれいな風景についてもお届けします!

スポンサーリンク

<その他の蔵王町のお出かけレポートはこちら>
蔵王町のお出かけレポート御釜や滝に駒草平、ハートランド釣り堀も

【この記事は2020年8月の時点でのレポートです】

御釜は強酸性の火口湖

蔵王の御釜は、宮城県刈田郡蔵王町にあって、宮城県と山形県の県境近くにあります。

宮城県と山形県をつなぐ山岳道路の蔵王エコーラインを通って、そこから分岐した蔵王ハイラインの終点の駐車場から数分歩くと、御釜がすぐに見えます。

標高の高い大自然のまっただ中にあるのに、すぐ近くまで車で行けるからいいですよね。

蔵王ハイラインは有料道路になるので、軽・小型・普通自動車は550円になります。

11月上旬~4月下旬は、蔵王エコーラインが冬期通行止めになるので、その時期は行くことはできません。

蔵王の御釜は、お米を炊くときに使う、お釜のような形をしているので、御釜という名前がつきました。

この御釜は、火山の噴火によってできた、円型の火口湖です。

今までに26回の噴火を繰り返していて、1番最近では、明治28年2月15日に噴火しています。

だから、御釜の近くにはこんな看板があります。

初めて御釜に来た時は「えっ?今噴火したらどうしよう…。」とか、つい考えちゃいましたね。笑

生き物が大好きなうちの子どもたちは、水を見るとすぐに「何か魚いる?」と聞くのですが、御釜の湖の水は、強酸性のために生物は生息できないそうです。

水温は表面から10数mの深さで摂氏2度まで下がって、それより深さを増すと温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖なんですって。

エメラルドグリーンの色をしていますが、太陽光線の当たり方で色を様々に変化させるので、五色湖とも呼ばれています。

駐車場とレストハウス

駐車場は無料でとても広いですが、GWなどの連休や紅葉シーズンになると混雑して渋滞になることもあるようです。

私たちはお盆過ぎの夏休み中の平日に、11時くらいに駐車場に着きました。

すぐにとめられましたが、7割くらいはうまっている印象でした。

駐車場のすぐ近くにある蔵王山頂レストハウスには、1階にお土産品の売店と、食べ物屋さんの飲食ブースがあります。

2階はレストランになっています。

御釜の近くに行ってみよう

駐車場から蔵王山頂レストハウスの横を通過し、数分歩いて行くと、すぐに御釜が見えてきます。

この日は、とても良いお天気で、きれいなエメラルドグリーンの色をした御釜がよく見えました!

天候によっては、ガスで全く見えないときもありますからね。

とっても良い景色です。

もっと御釜の近くまで行ってみましょう。

標高も高いので、高山植物がたくさん生えています。

スポンサーリンク

あちこちに石が積んであったので、子どもたちも石をバランスをとって高く積んだりして遊んでいました。

それから歩いているときに、地面のこまかい石で、時々すべったりするんですよね。

だからあえて、坂になっているところからすべったりして遊んでいました。

高山植物にかくれて、かくれんぼしたり、子どもたちも楽しそうでした。

そんなことをしながら歩き続けて、御釜のほぼ真横に来ました。

きれいですね~!

今度はUターンして、神社の方へ行ってみます。

刈田嶺神社(奥宮)

山頂に、刈田嶺神社(奥宮)があるんですよ。

↓右側の1番高いところに、神社が見えています。

神社に向かっている途中、場所によっては高山植物の保護で、立ち入り禁止のロープが張られていました。

高山植物かわいいです。

高山植物

神社に向かって階段を上がって行きます。

刈田岳の山頂に着きました!

こちらが刈田嶺神社(奥宮)です。

御朱印をいただく人たちが並んでいました。

私たちはおみくじを引きました。

結構近くに雲が流れてきて、下の子は「雲の中に入りたい!」って言って、ずっと見てました。

自然を体いっぱいに感じられますね。

帰りには、レストハウスのレストランをのぞいてみたら、結構人がいっぱいでした。

なので私たちは、1階で牛タンフランクや牛タンまん、肉巻きおにぎりなどを買って食べました♪

まとめ

今回は、お天気にも恵まれて、とってもきれいな御釜が見られました。

標高が高くて、町とは気温が違うので、念のため全員分の羽織り物を持って行きました。

私は少しだけ着ていましたが、たくさん歩いているうちに暑くなって脱ぎました。

山の天気はとても変わりやすいですし、思いがけず寒いこともよくあります。

雨具や上着などを念のため準備していくと、どんな天候の変化にも対応できるので安心ですよ。

それから、子どもたちは歩きながら、かなり持参していた麦茶を飲んでいたので、水分補給できるように持ち歩くと安心ですね。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

<関連記事>
御釜の帰りに駒草平にも寄りました♪
蔵王の駒草平は断崖絶壁の絶景、不帰の滝と高山植物コマクサ

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
蔵王町
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました