みちのく杜の湖畔公園で足こぎカートや遊具で大喜び水遊びも満喫

川崎町

自然豊かで楽しい遊具もいっぱいの「みちのく杜の湖畔公園」へ行って来ました。

お花もいっぱいで噴水もあって、とてもきれいな公園ですよね。

暑いので「せせらぎ水路」で子どもたちに思いっきり水遊びをさせたいと思って、着替え持参で行きました。

行って来た様子や感想についてお伝えします!

スポンサーリンク

【この記事は2020年8月の時点でのレポートです】

駐車料金と利用料金

8月に入ったばかりの日曜日、気温はまだ真夏の暑さにはなっていないので「水遊びを楽しむなら今しかない!」と思って家族で出かけてきました。

だって、気温30度の真夏の暑さになっちゃったら、水遊びしている子どもたちはいいけど、私たち大人が暑くていられない!

ということで、ほどよい暑さの日に出かけてきました。

みちのく杜の湖畔公園は、東北の自然と文化が体験できる公園ということで、北地区・里山地区・南地区があって、国営の広大な面積の、とても大きな公園です。

私たちは、たくさんの遊具やボート乗り場もある、南地区に行きました。

楽しい遊具で遊んだり、自然に親しんだり、キャンプもできます。

ふるさと村には、東北6県の代表的な古民家があって、茅葺き屋根のお家で民話を聞くことができたり、蕎麦打ち体験などのイベントが開催されていることもあるんですよ。

楽しみ方いろいろの、1日楽しめる公園ですね!

仙台市と山形市を結ぶ国道286号沿いにあって、仙台市と山形市のほぼ真ん中、どちらからも約1時間くらいのところにあります。

駐車料金は、普通車320円です。

車を駐車したら、こんな感じの道を通って、入場口まで行きます。

公園の利用料金は、大人一般450円で、子供はなんと無料です!

時の広場

入場すると、最初に「時の広場」というところがあります。

軽食をとれるところもあります。

彩の広場

さらに進むと「彩の広場」があります。

ここが広い花壇が続いていて、とってもきれいなんですよね。

春に来ると、さらにもっとお花が華やかで色とりどりの状態です。

水も流れていたり噴水もあるので、買ったばかりの水鉄砲を持参していた子どもたちは、水がなくなるたびに給水し放題でした。笑

奥の方に進んで行っても、水がずっとあります。

夏は涼しげでいいですね!

↓こちらの水が流れ落ちているところは、その水の裏側に入ることができます。

↓裏側から見るとこんな感じです。

子どもたちはこの水に水鉄砲で撃って、水がゆがむのが面白かったようです。

やすらぎの池

ダイナミックな滝のそばを、さらに進んで行きます。

そうすると、大きな「やすらぎの池」があります。

大きな鯉がいます。

子どもたちは大盛り上がりで、この鯉に水鉄砲で撃ってたけど、鯉は全く気にする様子もなく、優雅に泳いでいきました。

スポンサーリンク

立派なガマも生えていましたよ。

わらすこ広場

「わらすこ」とは、仙台弁で子供という意味です。

楽しい遊具がたくさんありますよ!

この日はかなり家族連れでにぎわっていたので、人が大きく写り込まないように撮影するのはとても難しかったです…。

国内最大級の高さが3.5mもある、白い大きな「ジャンピングドーナツ」という、トランポリンのような遊具は人気ですね。

0~3歳の小さいお子さん用の遊具もあります。

幼稚園から小学生まで使える「足こぎカート」も楽しいですよ。

この足こぎカートのコースが、結構長いんです。

うちの子は初めてで不安そうだったので、コースを一緒について行きました。

他のお子さんも、小さい子は親についてきてもらっている子が、チラホラいましたね。

うちの下の子は負けず嫌いで、でもどんなに頑張っても2学年上の兄を追い越せなくて、コースの途中で号泣しました…。笑

ペダル踏み外して足をぶつけたり。

コースを一緒について行かなかったら、誰もいないコースの途中で1人で号泣でしたね。

ゴールしたら担当の人に「顔真っ赤だよ!お水飲んでね!」と心配されました。笑

2回目にやったときには、慣れて泣かずに自分でスイスイこいで行きましたけどね。

他にもターザンロープとか、ローラーすべり台とか、いろいろな遊具がありますよ。

今はお休みしていますが、室内の「ちびっこドーム」というボールプールもあります。

せせらぎ水路で水遊び

ここで、本日の我が家の目玉!いよいよ水遊びです!

わらすこ広場の「せせらぎ水路」では、ちびっこたちがたくさん水遊びをしています。

川みたいに流れているところや、噴水がたくさん出ているところもあって、キャーキャーにぎやかです。

はだかとオムツは禁止みたいですが、水着とか水遊び用のオムツでみんな楽しんでいましたね。

うちは靴と靴下を脱がせて、そのまま遊ばせました。

基本的に小さい子が多かったので、うちの上の子は全体を見ても大きい方でしたね。

噴水の水を頭から全身で浴びたり、とても楽しそうでした。

大人たちはその間、ベンチでゆっくりしていました。

この日はにぎわう時期だからか、近くには食べ物屋さんも出ていたので、ポテトとか唐揚げとかちょっとしたおやつも買って、みんなで食べました。

水遊び後の着替えは、屋根付きのところでこっそりしましたが、プールで着替えの時に使うタオルを持って行けば良かったと思いました。

暖かい季節は、水着や着替え用のゴム入りタオル、着替え一式など必要な物を持って行くと安心ですね。

他の子が水遊びしているのを見たら、やっぱり遊びたくなるので。

ふるさと村

今回私たちはここまででだいぶ満喫したので、ふるさと村には行きませんでした。

ふるさと村まで行ったら、結構疲れちゃうと思ったので。

ほんと広いし楽しいところがいっぱいなので、1日じゃ味わい尽くせないですね。

きれいなヒマワリ畑の向こうに見えているのが、ふるさと村です。

そちらのエリアは、また別の機会に家族で行きたいと思います。

園内持ち込み禁止物

帰りに子供がトイレに行きたいと言うので、駐車場にあるトイレに行きました。

そこに掲示がありましたが、園内への持ち込み禁止物がいろいろあるようです。

ゴルフ道具、釣り道具、自転車、キックボード、スケボー、ラジコン、ブーメランとかいろいろ持ち込み禁止のものがあるんですね。

うちも、100円ショップで買った、持ち手が伸び縮みするあみを持っていたら、入る時に入口で「とった虫は持ち帰らないでね」と言われました。

あみ・かごは、とった生き物を園外に持ち出さなければ可なんですね。

まとめ

みちのく杜の湖畔公園に行った、様子や感想についてお伝えしました。

わらすこ広場のもう少し奥の、売店や遊具貸し出し所のところには、食事をとれる所もあるので、1日楽しむことができますね。

子どもたちも、たくさん遊具で遊べて、水遊びもできて大満足だったようです。

次に行くときには、ふるさと村の方面に行ったり、ボートにも乗りたいですね。

ぜひ今後のお出かけの、参考にしてみてくださいね!

【関連記事】
2021年8月の様子はこちらから♪
みちのく湖畔公園のせせらぎ水路で夏は水遊びが楽しい

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
川崎町
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました