昭和万葉の森で自然散策、美術館・茶屋・茶室もある案内図の写真も紹介

万葉の森 大衡村

わが家は時々、大衡村の万葉クリエイトパークに遊びに行きます。

面白いアスレチック遊具もたくさんあって、人工芝でそり遊びもできるので、子どもたちも大好きな公園です。

今回はその隣にある万葉の森にパパが行ってみたいということで、行ってみました。

自然の中をたくさん歩いて散策して、満喫できました。

犬のお散歩の人も結構いましたし、日頃運動不足になりがちな方にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

【この記事は2021年2月の時点でのレポートです】

昭和万葉の森の開園時間や駐車場

昭和万葉の森の所在地はこちらです。

宮城県黒川郡大衡村大衡字平林117

公共交通機関だと、JRバス東北、宮城交通の各バスで、大衡役場前で下車して万葉の森まで徒歩5分です。

開園時間は午前9時~午後4時(4月~10月は午後4時30分まで)です。

休園日は年末年始(12月28日から1月4日まで)になっています。

利用料金は無料です。

ホームページを見てみたら「訪れる人々には、健康増進のための森林浴や日本の歴史、文化、民族を偲ぶ場として、さらに自然科学などの学びの森として利用されています。」と載っていました。

健康増進のための森林浴や散歩、ウォーキングにはまさにぴったりなところでした!

子どもに自然を感じさせたり、触れさせるのにもいいですね。

駐車場は無料駐車場があって、台数もそれなりに十分ありましたよ。

美術館や茶屋、茶室もある

駐車場のすぐ向かいには、万葉茶屋があります。

お茶屋さんがあるのは嬉しいですね。

それから万葉の森の中には、大衡村ふるさと美術館もあります。

こちらも駐車場からすぐ見えるところにあります。

それから、森の中を少し歩いて行ったところにある万葉の館には、茶室があります。

48畳敷(舞台付)の広間と8畳間の茶室があって、使用料がかかります。

使用申し込みは、あらかじめ万葉の森管理事務所へ申し込みになります。

万葉の森にはいろいろな施設もあるんですね。

森の中を散策してみよう

駐車場から子どもたちがまず見つけたのが、お茶屋さんの近くにある輪投げでした。

スポンサーリンク

自由に遊んでいいようだったので、結構盛り上がって遊んでいました。

一通り遊び終わった後で、早速森の中を散策に出かけてみたいと思います!

閉園時間は2月なので午後4時までですね。

ところどころに、手作りの木の人形などが飾ってありました♪

水辺もありました。

うちの子たちは、水辺があると何か生き物がいないか探し始めます。

まだ寒いから何も見つけられないね。

よそ見して歩いてたら落ちちゃいそうな橋。笑

案内図を発見。

いつも行く万葉クリエイトパークとは隣り合わせですね。

それなりにたくさん歩いて、自然を満喫しました。

犬のお散歩をしている人とすれ違ったり、カメラを持って野鳥の写真を撮っている人もいました。

今はまだ落葉樹の葉が落ちている状態ですが、新緑の季節などもきれいでしょうね。

その後はお決まりの、万葉クリエイトパークへ行きました。

そり持参で、やる気満々で来た子どもたちです♪

まとめ

初めて昭和万葉の森に行きましたが、こちらも自然を楽しんだり、ゆっくり散歩するのにとてもいいところですね。

隣にはアスレチックがいっぱいの、大きい万葉クリエイトパークの公園があるので、どちらも楽しめていいですね。

お天気がいい休日のお出かけに、ぜひ加えてみてくださいね!

<関連記事>
万葉クリエイトパークそり滑りやバーベキューもできる遊具も充実

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
大衡村
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました