蔵王の駒草平は断崖絶壁の絶景、不帰の滝と高山植物コマクサ

駒草平 蔵王町

蔵王の御釜に行った帰りに、駒草平展望台にも寄って行きました。

駒草平は、蔵王エコーラインにある断崖絶壁の展望スポットで、自然の雄大さを感じることができますよ。

遊歩道が整備されていますし、滝も見ることができます。

駒草平に行って来た様子や感想についてお伝えします!

スポンサーリンク

<その他の蔵王町のお出かけレポートはこちら>
蔵王町のお出かけレポート御釜や滝に駒草平、ハートランド釣り堀も

【この記事は2020年8月の時点でのレポートです】

駒草平展望台の駐車場

駒草平展望台は、蔵王エコーラインの道路脇に駐車場があります。

この日は閉まっていましたが、休憩処があります。

蔵王国定公園の看板がありました。

国定公園は、国立公園に準じる景勝地として指定された公園です。

国立公園が国が管理するのに対して、国定公園は都道府県が管理しています。

駒草平はコマクサの群生地

駒草平はその名前の通り、高山植物「コマクサ」の群生地です。

6月中旬~7月頃に開花します。

開花の時期には、こんな感じに淡いピンク色の花が咲きます。

コマクサ

コマクサは、他の高山植物が生えることができないような環境の中で咲く孤高の花で、「高山植物の女王」と言われています。

駒草の駒は馬のことを表していて、つぼみや花の形が細長くて、馬の顔のように見えます。

コマクサは、宮城県内では蔵王だけに自生しているそうですが、この駒草平では、だんだんコマクサの数が減ってきていて、復元に取り組んでいます。

展望台へ

駐車場から数分歩いて行くと、展望台があるので行ってみましょう!

スポンサーリンク

階段で展望台にのぼります。

そこから見えるのは、雄大な自然の断崖絶壁です!

なかなか見られない絶景ですね!

不帰の滝

展望台からは「不帰の滝」(かえらずのたき)を見ることができます。

駒草平

あまりの美しさに帰るのを忘れるというのが、名前の由来になっています。

火口湖の御釜を源水とする滝です。

整備されているので、散策することができますよ。

蔵王火山の噴火活動のあとを感じますね。

まとめ

駒草平の様子についてお伝えしました。

展望台からの景色は、なかなか見ることができないような絶景でした。

周りの岩の感じも火山を感じました。

高山植物のコマクサは、だんだん減ってきているので、見つけても採取したり踏みつけたりしないように、大切にしていきたいですね。

<関連記事>
蔵王の御釜で見事な晴天、刈田嶺神社(奥宮)参拝と高山植物も

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
蔵王町
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました