KKRホテル中目黒に宿泊して良かった東北人の率直な感想

中目黒駅の看板 東京都

東北在住の私ですが、東京に用があって、初めて「KKRホテル中目黒」に宿泊してきました。

予約から実際に宿泊するまでの、感想をお伝えします。

アクセス、送迎バス、朝食など利用してみた率直な感想を、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

<その他の東京都の宿泊レポートはこちら>
東京都のホテル宿泊リポートKKRホテル中目黒やアパホテル九段下

【この記事は2019年11月の時点でのレポートです】

KKRホテル中目黒のアクセス

旅行

国家公務員共済組合連合会目黒宿泊所の「KKRホテル中目黒」は、国家公務員共済組合連合会が 、組合員等の利用を目的として運営する宿泊施設です。

私は今まで存在も知らなかったのですが、今度東京に宿泊の予定があることを話していたら、旦那さんが「こんなの載ってたよ」とチラシを見せてくれました。

今回私は東京に、2泊する必要がありました。

チラシに載っていたのが「連泊で1泊1部屋400円お得!清掃なしお得な連泊プラン」でした。

1室1名シングル風呂無しで6500円、風呂ありは7500円でした。

お風呂はお部屋とは別に、共同浴場があります。

連泊の場合、この料金から400円が割引になります。

なかなかお得だと思ったので、ホームページなどで、さらにいろいろ調べてみました。

KKRホテル中目黒は、中目黒の閑静な住宅街の中にあります。

〒153-0043 東京都目黒区東山1丁目27-15

電話: 03-3713-8131

チェックイン15:00 チェックアウト10:00

私がもしこのホテルに泊まったとして、チェックインするのは夜になります。

ホテルは閑静な住宅街の中にあるということなので、人通りの少ない中を夜暗くなってから一人で歩くのは大丈夫かなぁ…

それがちょっと心配でした。

東北人なので、都会の夜の一人歩きに、ちょっと怖いイメージがあります。^^;

でも口コミを見てみたら、50代女性など女性からの良い口コミがいくつかあったので「大丈夫そうかもしれないな」と気持ちがちょっと変化。

用事がある場所からのアクセスを考えて、他もいろいろ探してみましたが、希望に合うホテルでなかなかここまで料金的にお得なところは見つけられませんでした。

「本当は大きな道路沿いが良かったんだけど…」とは思いましたけど、KKRホテル中目黒に予約の電話をしてみることにしました。

予約の電話をしてみる

スマホ

電話をしたのは、宿泊日から25日くらい前でしたが、既に土日は予約がいっぱいということでした。

本当は金曜と土曜に連泊したかったのですが、金曜だけ宿泊することにしました。

ホテルの予約は、やっぱり予定が分かった時点で、なるべく早めにした方がいいですね。

ちなみに土曜日の方は、アパホテル九段下にしました。

そちらは1名1泊朝食無し13300円でした。(KKRホテル中目黒と比べると結構高い…)

その後も別の月に東京に1泊する予定があったので、そちらもKKRホテル中目黒で予約しました。

そちらは土曜日でしたが、2ヶ月くらい先だったので、まだ空きがあり予約できました。

良かったぁ^^

心配していた閑静な住宅街の夜の一人歩きも、予約の電話の時に、中目黒駅からの送迎バスがあると言われて、とっても安心しました!

KKRホテル中目黒は送迎バスがある

中目黒駅の看板

KKRホテル中目黒は、火曜日から土曜日の、15:00から30分ごとに、中目黒駅の近くから無料のシャトルバスが出ています。

最終は22時になります。

これはとても助かりますね~!

私は荷物も重かったので、本当に助かりました。

中目黒駅正面改札口を出て少し行くと、レンタルビデオ店のTSUTAYAが見えてきます。

大きいので通りに出てちょっと歩くと、すぐに目に入ってきました。

そこの横の方に、ホテルのシャトルバスの停留所があります。

KKRホテル中目黒のホームページにも載っていますが「目黒銀座商店街」の看板がすぐに目に入るので、そこの横になります。

私は21:30発のに乗ろうと思って、10分前くらいに行った時には、既にその場所に「KKRホテル中目黒」の文字が入った、小さいシャトルバスがとまっていました。

スポンサーリンク

だから「ここの場所でいいのかなぁ…」と迷うこともなく、すぐに見つけて安心して乗れました。

その日の乗客は私の他に、先に乗っていたおじさん一人でしたが、既に運転手のおじさんと話しに盛り上がっている様子で、その楽しげな二人の会話を聞きながらホテルへ到着しました。

道中は暗くてあんまり分かりませんでしたが、やっぱり閑静な住宅街の中ということあって、そんなに大きくはない道を進んでいく感じでした。

だから道路に停車している車があると、対向車の様子を見計らってよけている感じでした。

降りる時に私も運転手さんと挨拶を交わしましたが、運転手さんはとても気の良い感じの方でした。

ちなみにこのホテルのシャトルバスは、ホテルからの出発は15:15から30分おきで、最終は21:45になります。

日曜日と月曜日は運休です。

そのため、翌朝ホテルから駅まで送迎してもらおうと思っても朝の送迎はありませんので、ご注意ください。

チェックインする

ホテルのかぎ

私がチェックインしたときに、他の方が「朝の送迎はないんですよ」とフロントの方に言われていましたね。

やっぱり、「朝の送迎もあるのかな?」と思っちゃいますよね。

私は1室1名シングル風呂ありで7500円でしたが、その方(おじさん)は6500円をお支払いしていたので、おそらく風呂無しですね。

共同浴場も良いのですが、私は部屋で一人でゆっくり過ごしたかったので、風呂ありにしました。

KKRホテル中目黒は、1階ロビーに入った印象もきれいでしたし、フロントの方の対応も良かったです。

私は足のマッサージオイルをフロントの方から「よろしければどうぞ」といただきました。

1階には飲み物の自動販売機と、その他にカップラーメンやちょっとしたお菓子の自動販売機がありました。

食事をしないでチェックインする人もいると思うので、カップラーメンがあるのはいいですね!

ホテルの部屋

お部屋も1人で過ごすには十分できれいでした。

ただお風呂のバスタブが少し、普通のホテルより狭いような気がしました。

太っている人は大変だろうなぁと思いながら、体を洗ったりしました。

でも共同浴場もあるし、全然OKな範囲ですけどね。

朝食について

翌朝の朝食は宿泊代の7500円に含まれているので、1階のレストランでいただきました。

宿泊客のほとんどの人が、一人で来ている人で、席の回転も早かったです。

先に席を確保するのではなく、バイキングなので、自分の分をとってから席に座るシステムです。

皆さん、サクッと召し上がってお部屋に戻っていく感じで、回転が早いです。

和食のシンプルなメニューのお食事でしたが、味は私好みでとてもおいしかったです。

バイキングなので食べられる分だけいただきましたが、鮭のハラミ焼きや根菜の煮物、ナメコやワカメなど数種類の具が入った味噌汁など、どれもおいしかったです。

他には海苔、納豆、生卵、漬け物、昆布の佃煮など、朝から栄養バランスの良い和食をいただきました。

食後のコーヒーもあります。

チェックインの時にフロントでも説明がありますが、レストランは浴衣はNGなので、お出かけの時の服装で入るようになります。

レストランの入り口にも見えるように書いてありますが、それでも私が行った時は浴衣の人がお一人いました。

フロントでも言われて入り口にも書いてあるのに、ある意味すごいなぁと思ってました。笑

チェックアウトする

旅行

チェックアウトすると、そこからは朝の送迎バスはないので、歩いて用事のある会場まで向かいました。

自家用車で駐車場を利用している方もいましたね。

明るい中で歩いてみると、昨夜は暗くてよく分かりませんでしたが、本当に「閑静な住宅街!」って言葉がぴったりの、落ち着いた素敵な住宅街でした。

とてもおしゃれな感じがしました。

これが中目黒なんですね!笑

閑静な住宅街をずっと歩いて行くと、そこから一気に街中の景色に変わるのにも、びっくりでした。

道路が一本違うだけで、一気に賑やかな街の中なんですね。

中目黒を体感することができました^^

まとめ

今回初めてKKRホテル中目黒に宿泊してみましたが、感想としては全体的にとても良かった印象でした。

予約の電話の時にも言われますが、こちらは国家公務員共済組合連合会目黒宿泊所なので、チェックインのときに、保険証の提示を求められます。

お値段的にも、やっぱり都会は全体的に高いので、1室1名シングル風呂あり7500円のこのお値段で、美味しい朝食もついているのはお得だと思います。

該当の時間なら、無料のシャトルバスも利用できますしね。

お近くにお越しでホテルを検討されている方は、ぜひ参考になさってみてくださいね!

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
東京都
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました