伊豆沼のハスを船から見よう!船頭さんおすすめの楽しみ方

ハス 栗原市

夏といえば、宮城県内にも楽しいお出かけスポットがたくさんありますね。

その中でも私が好きなイベントの1つが、伊豆沼のはすまつりです!

今回で行くのは2回目でしたが、船の船頭さんから、知っているとちょっと得する情報をたくさん教えていただきました!

船から見ることができる見事な伊豆沼のはすですが、見に行くのはいつ頃がおすすめ?時間帯は?

船頭さんおすすめの伊豆沼の楽しみ方について、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

<その他の栗原市のお出かけレポートはこちら>
栗原市のお出かけレポート一迫ゆり園や伊豆沼のハス祭りも

【この記事は2019年8月の時点でのレポートです】

宮城県伊豆沼はすまつり

はすの花

宮城県にある伊豆沼と内沼は、ラムサール条約に登録されていて、貴重な自然資源の宝庫となっています。

夏の伊豆沼・内沼はピンク色のハスの花が、辺り一面に咲いて、その美しさもスケールも、日本一と言われています。

その上、船に乗って間近でハスを見ることができるので、お子様連れのファミリーからご年配、ご高齢の方まで幅広く人気があります。

令和元年の詳細はこちらです。

◆期 間 7月20日(土)から8月31日(土)まで
◆時 間 午前8時から午後4時まで(天候により早めに終わることがあります)

◆料 金 おとな(中学生以上)700円
子ども(小学生)  400円 ※小学生未満無料
団割割引あり(20人以上)

◆会 場
伊豆沼:若柳会場(宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター付近)
住所 栗原市若柳字上畑岡敷味17番地2 付近
内 沼:築館会場(栗原市サンクチュアリセンターつきだて館付近)
住所 栗原市築館字横須賀養田20番地1 付近

◆駐車場 両会場とも無料駐車場あり。大型可。

栗原市観光ポータルサイトぎゅぎゅっとくりはら

東北自動車道・築館ICから車で約10分。
JR東北新幹線・くりこま高原駅から車(タクシー)で約10分。

ハスの開花状況等は、栗原市観光物産協会(TEL:0228-25-4166)に一度ご確認の上、お出かけくださいとのことです。

私は8月19日に行き、時間はAM10時半頃に着きました。

すいていたので、車も広い駐車場に余裕でとめられました。

<広い駐車場>
駐車場

駐車場

駐車場には仮設トイレがあって、男性用と和式のと、2つありました。

私は子連れだったので、船に乗る前に子どもたちがトイレに行けるのは、本当に助かります!

伊豆沼のハスを船から見よう!

桟橋と船

船はいくつかあって、お客さんがある程度の人数乗ったら、その都度出発していました。

私が今回乗った船は、我が家も合わせてお客さんが6人です。

本当にすいていたので、ゆったり見ることができました。

我が家が前回の2014年に行った時にはなかったのですが、今回行ったらライフジャケットを大人も小学生のうちの子たちも、全員渡されました。

子供用はもちろん大人より小さいサイズです。

ちょっとこれだけでも雰囲気が出て、子供たちは楽しいですよね♪

船頭さんのお話によると、お盆前は県外の遠方からのお客さんも多くて、一日500人くらい来ていたそうです。

そうすると1つの船が、ぐるっと沼を回って桟橋まで戻ってくるのに、どうしても急ピッチで、15分くらいで回ることになってしまうそうです。

でもお盆を過ぎると、ぐっとお客さんも少なくなって、県内の近い所に住むリピーターさんが多くなるそうです。

うちもリピーターです^^

すいているので、船頭さんの塩梅で、30分くらいかけて説明も聞きながら、ゆっくりと見ることができるそうです。

前の日に観光協会の方が来た時にも、だいぶゆっくりとご案内したそうですよ。

伊豆沼のハス

毎年8月いっぱい、31日まで、はすまつりは開催しています。

「あんまり遅いギリギリの時期に行くと、見頃が終わってしまうのでは?」と私なんかは思っていました。

でも、ゆっくり楽しむのには、お盆過ぎくらいからが、実は穴場でおすすめなんですね。

そして私が行った日は、一日を通して曇り空の日でした。

あまり暑くないと思ってこの日にしたのですが、はすにとっても曇りの日は良いみたいです!

日差しの強い晴れの日だと、早いと9時半から10時くらいには、ハスの花が閉じてしまうのだそうです。

ハス祭りは午前中に行った方が良いと、よく言われているのは、そういう理由からなんですね。

きれいに咲いている様子を見るなら、朝早い方がおすすめです。

でもこの日のように曇りの日は、長くはすの花も咲いているのだそうです。

きれいに開いているはすの花がたくさん見られましたよ。

はすの花

スポンサーリンク

伊豆沼のおすすめの楽しみ方

船頭さんのお話に積極的に反応したり、答えたり、質問しながら行くと、親切にいろいろなことを教えてくれます。

是非、たくさんお話してみてください!

たぶん、ディズニーランドのジャングルクルーズのように、その船の船頭さん(船長さん)によって個性が様々で、きっと面白いのでしょうね。

もしかしたら、私の乗った船がたまたま、お話上手な方だったのかもしれませんが(^-^)

たくさんのハスの中に、船の通り道がちゃんとあって、船は葉っぱや花のないところを通ります。

でもあえて、はすの葉のところに船で少し突っ込んでみせてくれて、うちの子たちは喜んでました!

「写真もたくさん撮ってね。動画で撮る人もいるんだよ。」と私たちのペースにもゆっくり合わせてくれました。

伊豆沼・内沼の沼の面積は387ha(東京ドーム83個分)だそうです。

宮城の人は「東京ドームで何個分」と言われてもピンとこない方が多いということで、船頭さんは地元のスタジアムなど様々なもので表してくださいました。

でも私には、どれもピンとこず・・・

とにかくすごく広い!ということだけは伝わりました。笑

海抜は6m、最大水深は1.6mと、東北地方最大の面積があるそうです!

ハスの花

そして、伊豆沼のハスは伊豆沼古代ハスといって2000年から2500年前から存在していたハスなんだそうです。

そうなると、卑弥呼が生まれる前から咲いていたかもとのこと。

2万年前からという説もあり、学説は多数あるそうです。

豆知識もいろいろ教えてくれます。

花の開花には水温や気温、深さなども関係してきます。

浅いところは水温が上がりやすくなります。

伊豆沼では、シオカラトンボや、シラサギなのかな?

白い鳥もよく見かけました。

生き物の姿がなんとも風情があっていいですね。

小さい魚も見えたので、生き物は何がいるのか聞いてみると「伊豆沼のイッシー」と笑ってらっしゃいました・・・笑

1メートルを超えるコイもいるそうです。

それから西のはずれの方では、ガンが一斉に飛び立つ景色で有名で、「同じ県内に住んでいるなら、一度は見た方がいい!」とすすめられました。

迫力や臨場感がすごくて、シーズンになるとカメラや望遠鏡を持った人たちが、ずらりと並んで待ち構えるそうです。

夕日の中飛ぶ鳥

我が家も今度行ってみたいと思います!

それから、おすすめされたのが、船着き場から近い距離にあるJAZZ喫茶です。

お休みのことも多いけどおすすめだそうです。

それからちょうど定休日の月曜だったので、私たちは行きませんでしたが、伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターもあります

こちらは、1985年に渡り鳥のための国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録になった伊豆沼・内沼の、自然や人文・社会環境などを紹介、また自然観察や教育的機能を備えた施設として建てられたそうです。

ハスの実は食べられる!

こうしてゆったりとした船の旅も終わり、船からおりるときに、ハスの実を子供たちにくれました。

桟橋に置いたハスの実

それは今ぐるっと一緒に船で回って来るときに、途中でとってくれた、とれたてです。

そしてこのハスの実、なんと殻をむいて生で食べられるんです!

ご存じでしたか?

我が家は知らなくてびっくり!!

丸いドングリのような実がたくさん入っているので、その中でぷっくり太っている実を取り出します。

ハスの実

更にその黄緑色の皮をむくと中に白い実が入っています。

皮をむいた小さな白いハスの実

おじさんの真似をしてその場でむいて食べてみたら、ナッツみたいでおいしかったです。

後で調べてみたところ、精進料理や薬膳、健康食品として食べられているそうです。

栄養価が高いので、中国や東南アジアでは広く食用にされているそうです。

すべすべ肌、疲労回復、デトックス効果、便秘解消、骨や筋肉を強くするなど効能もたくさんあります。

自律神経失調症やうつ病の患者さんに処方されたり、婦人科系にも良いのだとか。

驚きですね!

それを知ったら急に貴重なものに見えてきて、我が家も大事にいただきました!

まとめ

伊豆沼のはすまつりに行ったのは今回で2回目でした。

でも今回はゆっくりと船頭さんとお話をした中で、「えー!そうなの!?」と初めて聞く情報も多かったので、ご紹介しました。

たくさんの蓮の花が咲いている中を、ゆったりと船で進んでいると、まるで極楽浄土にいるような気分になる方もいるかもしれませんね。

東北地方最大の面積を誇る伊豆沼へ、夏休みには是非ご家族で行ってみてくださいね!

<関連記事>
レンコンと、はすって同じ?はすの実も栄養満点で食べられる!

スポンサーリンク
にっこりママ

2人の小学生の子どもがいる、保育士ママです♪

子どもたちには、豊かな体験をしてほしいという思いから、休日はいろいろなところへお出かけしています。

東北地方を中心とした、子どもたちとのお出かけレポートをまとめています。

是非、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね!

(私が出かけた時点での情報を、まとめています。お出かけの際には、最新の情報を調べてから、お出かけください☆)

にっこりママをフォローする
栗原市
にっこりママをフォローする
あの日の自分にすすめたい!
タイトルとURLをコピーしました